カスタマイズ・軽量化

定番のOSカスタマイズ・軽量化について。 設定項目が違う場所に移動してたりするが、基本的にはXPとあまり変わらない。

  • デスクトップ>右クリック>個人設定
  • コントロールパネル総当り
  • コンピュータ>右クリック>プロパティ
  • スタートメニュー>管理ツール>サービス

Look & Feel

大半は デスクトップ>右クリック>個人設定 から。

コンピュータ>右クリック>プロパティ>システムの詳細設定>パフォーマンス からも一部変えられる。

XPのレジストリ編集を流用できるものもある

  • スタートメニューの表示速度[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop] の MenuShowDelay を変更(0にすると早くなる)
  • ショートカットアイコンの矢印消去[HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfile] の IsShortcut をコメントアウト(IsShortcut→;IsShortcut)
  • スタートメニュの「最近使ったファイル」の削除[ HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer]にDWORD値として、NoRecentDocsMenuを追加、値を1

Vistaから変更されたもの

  • 通知領域の過去の履歴を削除
    [HKEY_CLASSES_ROOT\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify]
    IconStreamsとPastIconStreamを削除
    タスクマネージャを起動して、「プロセス」からexplorer.exeを終了させる
    タスクマネージャの「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックして "explorer"と入力してEnterキーを押して終了

他にもプレースバーの内容の変更など。レジストリの編集は自己責任で。

サービス

TabletPC用と思われる項目が自動で起動するようになっている。TabletでないならOFFにしても問題なさそう。

Application Information管理者として実行を選んでもダイアログが表示されなくなる。UACを使用しているときに停止させると怒られる
Base Filtering Engineファイアウォールが動かなくなる(一部のサードバーディも含む)
BITSWindowsUpdateが機能しなくなる
COM+EvenetSystemBITSなどを動かすのに必要
Cryptographic ServicesWindowsUpdateやSSLでの接続ができなくなる
DCOM Server Process Launcher管理ツールやコントロールパネルのアプレットが使えなくなる
Desktop Window Manager Session Manager停止させるとクラシック表示になってしまい、ウィンドウの移動がちらつくようになる
DHCP Clientインターネットの接続に必要(手動で設定すれば問題ないっぽい)
Diagnostic Policy Service,Diagnostic System Hostネットワークの診断や互換性アシスタント、互換性ウィザードが機能しなくなり、パフォーマンスの低下が検出できなくなります
DNS Clientなくても平気だが、起動させておくとネットワークのトラフィックが減る
Group Policy Client不明。イベントログをみると、homeedtionでも設定を色々としているっぽいので、切るとやばいかもしれない。
IP HelperIPv4ネットワークからIPv6への接続に使う。IPv6での接続ができないので詳細は不明
Network Connections接続先のリストが表示されなくなる。エクスプローラでネットワークのプロパティの設定できなくなる。
Network List Serviceどのネットワークに接続しているかわからなくなる
Network Location AwarenessNetwork List serviceの起動に必要
Network Store Interface Service停止するとネットワークにつなげなくなる
Portable Device Enumerator ServiceiPODなどに音楽を転送するのに使用するっぽいが、所有していないので不明
Program Compatibility Assistant Service停止させると互換性アシスタントが機能しなくなる
ReadyBoostSuperfetchを起動しているときのパフォーマンスをあげる
Remote Access Connection ManagerPPPなどの管理を行う
Remote Procedure Call (RPC)Windowsの起動に必要
Secondary Logon管理者として実行、RunAsコマンドが使用できなくなる
Security Accounts Manager不明。Windowsの起動に必要っぽい
SENS不明。起動しないとイベントログに警告が出る。
Shell hardware detection停止させると、自動再生ができなくなるだけでなく、DVD-RAMのフォーマットがエクスプローラからできなくなる
Superfetchアプリケーションが起動するのにかかる時間を短縮させる。メモリーをたくさん積んでいる環境では起動させておくべし
Software LicensingRedayBoostなど一部機能が使えなくなる
User Profile Serviceログインができなくなる
TelephonyTAPIのサポート
TaskSchdulerIPアドレスの競合を検出できなくなったりする
Windows Audioサウンドカードの管理を行う。停止させると、音楽や効果音などがきけなくなったりする
Windows Audio Endpoint Builder同上 ただし、依存関係タブで表示されるPlug and Playのほか、実はPowerサービスにも依存しているため、Powerサービスを停止するとRPCサーバーのエラーが発生し、WAEBサービスも起動できない
WindowsUpdateWindowsUpdateに必要
WindowsEventlogイベントログの閲覧などができなくなる。

ネットワーク

内蔵無線LANを恒久的にOFFにする場合、コントロールパネルのMobility Centerから変更できる。

IPv6環境にない、またはIPv6-IPv4フォールバックが発生する環境ならばローカルエリア接続のプロパティでTCP/IPv6を切ると良い。

その他

  • コンピュータ>右クリック>プロパティ>システムの保護 からシステムの復元をOFFにできる。
  • コンピュータを開く>任意のドライブを右クリック>プロパティ から、ファイルのインデックスを無効にできる。
  • ソフトの側から関連付けを変えられなくなった。未知の拡張子を実行するか、もしくはコントロールパネル内の既定のプログラムから関連付けを変えることができる。
  • コントロールパネルのWindowsサイドバーからサイドバーの設定ができる。ガジェットの追加はWindowsサイドショーから。
  • コントロールパネルのプログラムWindowsの機能から、Windowsの一部機能やゲームやWMPなどを削除できる。ちなみに自分でインストールしたアプリケーションはインストール済みプログラムに登録される。
  • コントロールパネルの日付と時刻インターネット時刻から、自動で時刻合わせができる(参照:http://wiki.nothing.sh/page/NTP)。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-04 (木) 22:31:36 (2639d)