*カスタマイズ・軽量化 [#f6235756]
定番のOSカスタマイズ・軽量化について。
設定項目が違う場所に移動してたりするが、基本的にはXPとあまり変わらない。
-'''デスクトップ>右クリック>個人設定'''
-'''コントロールパネル総当り'''
-'''コンピュータ>右クリック>プロパティ'''
-'''スタートメニュー>管理ツール>サービス'''

**Look & Feel [#z5060247]
大半は '''デスクトップ>右クリック>個人設定''' から。

'''コンピュータ>右クリック>プロパティ>システムの詳細設定>パフォーマンス''' からも一部変えられる。

XPのレジストリ編集を流用できるものもある

-スタートメニューの表示速度[HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop] の MenuShowDelay を変更(0にすると早くなる)
-ショートカットアイコンの矢印消去[HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfile] の IsShortcut をコメントアウト(IsShortcut→;IsShortcut)
-スタートメニュの「最近使ったファイル」の削除[
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer]にDWORD値として、NoRecentDocsMenuを追加、値を1

Vistaから変更されたもの
-通知領域の過去の履歴を削除~
[HKEY_CLASSES_ROOT\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify]~
IconStreamsとPastIconStreamを削除~
タスクマネージャを起動して、「プロセス」からexplorer.exeを終了させる~
タスクマネージャの「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックして
"explorer"と入力してEnterキーを押して終了

他にもプレースバーの内容の変更など。レジストリの編集は自己責任で。

**サービス [#wac49343]
TabletPC用と思われる項目が自動で起動するようになっている。TabletでないならOFFにしても問題なさそう。

|Application Information|管理者として実行を選んでもダイアログが表示されなくなる。UACを使用しているときに停止させると怒られる|
|Base Filtering Engine|ファイアウォールが動かなくなる(一部のサードバーディも含む)|
|BITS|WindowsUpdateが機能しなくなる|
|COM+EvenetSystem|BITSなどを動かすのに必要|
|Cryptographic Services|WindowsUpdateやSSLでの接続ができなくなる|
|DCOM Server Process Launcher|管理ツールやコントロールパネルのアプレットが使えなくなる|
|Desktop Window Manager Session Manager|停止させるとクラシック表示になってしまい、ウィンドウの移動がちらつくようになる|
|DHCP Client|インターネットの接続に必要(手動で設定すれば問題ないっぽい)|
|Diagnostic Policy Service,Diagnostic System Host|ネットワークの診断や互換性アシスタント、互換性ウィザードが機能しなくなり、パフォーマンスの低下が検出できなくなります|
|DNS Client|なくても平気だが、起動させておくとネットワークのトラフィックが減る|
|Group Policy Client|不明。イベントログをみると、homeedtionでも設定を色々としているっぽいので、切るとやばいかもしれない。|
|IP Helper|IPv4ネットワークからIPv6への接続に使う。IPv6での接続ができないので詳細は不明|
|Network Connections|接続先のリストが表示されなくなる。エクスプローラでネットワークのプロパティの設定できなくなる。|
|Network List Service|どのネットワークに接続しているかわからなくなる|
|Network Location Awareness|Network List serviceの起動に必要|
|Network Store Interface Service|停止するとネットワークにつなげなくなる|
|Portable Device Enumerator Service|iPODなどに音楽を転送するのに使用するっぽいが、所有していないので不明|
|Program Compatibility Assistant Service|停止させると互換性アシスタントが機能しなくなる|
|ReadyBoost|Superfetchを起動しているときのパフォーマンスをあげる|
|Remote Access Connection Manager|PPPなどの管理を行う|
|Remote Procedure Call (RPC)|Windowsの起動に必要|
|Secondary Logon|管理者として実行、RunAsコマンドが使用できなくなる|
|Security Accounts Manager|不明。Windowsの起動に必要っぽい|
|SENS|不明。起動しないとイベントログに警告が出る。|
|Shell hardware detection|停止させると、自動再生ができなくなるだけでなく、DVD-RAMのフォーマットがエクスプローラからできなくなる|
|Superfetch|アプリケーションが起動するのにかかる時間を短縮させる。メモリーをたくさん積んでいる環境では起動させておくべし|
|Software Licensing|RedayBoostなど一部機能が使えなくなる|
|User Profile Service|ログインができなくなる|
|Telephony|TAPIのサポート|
|TaskSchduler|IPアドレスの競合を検出できなくなったりする|
|Windows Audio|サウンドカードの管理を行う。停止させると、音楽や効果音などがきけなくなったりする|
|Windows Audio Endpoint Builder|同上|
|Windows Audio Endpoint Builder|同上 ただし、依存関係タブで表示されるPlug and Playのほか、実はPowerサービスにも依存しているため、Powerサービスを停止するとRPCサーバーのエラーが発生し、WAEBサービスも起動できない|
|WindowsUpdate|WindowsUpdateに必要|
|WindowsEventlog|イベントログの閲覧などができなくなる。|

**ネットワーク [#ecdc4ea2]
内蔵無線LANを恒久的にOFFにする場合、コントロールパネルの'''Mobility Center'''から変更できる。

IPv6環境にない、またはIPv6-IPv4フォールバックが発生する環境ならばローカルエリア接続のプロパティでTCP/IPv6を切ると良い。

**その他 [#i39ec753]
-'''コンピュータ>右クリック>プロパティ>システムの保護''' からシステムの復元をOFFにできる。
-'''コンピュータを開く>任意のドライブを右クリック>プロパティ''' から、ファイルのインデックスを無効にできる。
-ソフトの側から関連付けを変えられなくなった。未知の拡張子を実行するか、もしくはコントロールパネル内の'''既定のプログラム'''から関連付けを変えることができる。
-コントロールパネルの'''Windowsサイドバー'''からサイドバーの設定ができる。ガジェットの追加は'''Windowsサイドショー'''から。
-コントロールパネルの'''プログラム'''の'''Windowsの機能'''から、Windowsの一部機能やゲームやWMPなどを削除できる。ちなみに自分でインストールしたアプリケーションは'''インストール済みプログラム'''に登録される。
-コントロールパネルの'''日付と時刻'''の'''インターネット時刻'''から、自動で時刻合わせができる(参照:http://wiki.nothing.sh/page/NTP)。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS